2012年8月11日土曜日

8月12日、13日は「移動展開」です

佐那河内村の大宮八幡神社に続いて、
2回目となる「移動展開」が徳島市の徳島中央公園 鷲の門広場で開催されます。

徳島中公園は徳島藩主の居城跡。鷲の門広場は、その玄関口ともいえる場所です。
徳島藩は、徳島の土地に合う作物として藍作を奨励し、
藍の品種改良やすくも(阿波藍)の製造技術向上を後押ししました。
大阪の問屋が取り仕切っていた阿波藍の市場を徳島に開き、
地元徳島で価格決定ができるようになったのも徳島藩あってこそ。
この場所は、阿波藍と深い関わりのある場所なのです。

開催日時は、8月12日(日)〜13日(月)10時〜16時。
お車でお越しの際には、徳島中央公園の「東側駐車場」「西・南側駐車場」等をご利用ください。
両駐車場とも鷲の門広場から少し歩く距離ですが、
緑豊かな公園内、立派な石垣やお堀など、徳島藩主の居城跡であることを身近に感じていただけます。