2012年10月29日月曜日

照明のこと

“倉庫の大空間全体をどんな光でどうやって照らすのか...”
“藍染布に熱や紫外線などのダメージを与えず、
阿波藍から染め出された色を損なうことのない光はないものか...”
悩みに悩んだこの問題を解決したのは、徳島ならではの高い技術でした。

「屋内展示」では徳島で生まれた最新型のLED照明を5基使用しています。
この会場のために製作された電球色の広い照射角を持つLED照明です。
LED素子レベルから色にこだわった結果、5基すべてが完全同色となっています。
LED産業のお膝元である徳島だからこそ実現できたものです。
光の重なりが自然であると同時に、暗部にかけての階調が非常に滑らかで、
空間を構成する247枚すべてに光を届けることができています。
藍染布にダメージを与える紫外線を含まず、熱を伴わない光。
会場全体で約500Wという省電力。球切れもありません。

「屋内展示」を支える最先端の光。
会場入口には同タイプのLED照明をサンプル展示してあります。